2018年4月より、システム変更の為、一部のページのURLが変わりました。
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、
新しいURLへの変更をお願い致します。
ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

STRATO BLOG

http://strato.co.jp/blog

http://strato-blog.jp

STRATO STYLE

http://strato.co.jp/blog/strato-style

http://strato-blog.jp/strato-style

SARO STYLE

http://strato.co.jp/blog/saro-style

http://strato-blog.jp/saro-style

STRATOBEE STYLE

http://strato.co.jp/blog/stratobee-style

http://strato-blog.jp/stratobee-style

Archives

Vintage Mexican Jewelry

晴れのち曇り 38/28

 

今回もLA在住のディーラーより良い感じのジュエリーが届きました。

メキシカンジュエリーを探してもらいましたが、、2点ほどええ感じのインディアンジュエリーがありましたのでピックしました。

シルバーをたっぷりと使った重量感のあるヴィンテージならではの雰囲気です。

Mexican_Jewelry_20160819IMG_9092

Vintage Mexican Jewelry

くもり

 

ヴィンテージのメキシコ製のジュエリーになります。
素材はシルバーです。(925SILVER)
銀が採掘される鉱山がたいへん多く存在するメキシコ。
その利点をいかして古くから銀製品の制作や販売はメキシコを代表する産業でした。
その歴史の古さから一説にはネイティブアメリカンジュエリーの起源と言われております。
当時、作られた銀製品は国内でお土産品として制作されるものと、国外への輸出目的で制作されるものがありました。
輸出目的に制作された銀製品は国内販売用製品と比べると仕上げが丁寧で贅沢に銀が使われており
全体的にボリューム感があるものが多くみられます。
今回見つかったジュエリーは当時アメリカやヨーロッパむけの輸出用に作られた製品になります。
国を挙げての産業であった事情から当時かなり大量の製品がつくられており、
規格やディティールの違いなどで正確に年代を判別することが出来ないのが現状です。
メキシコで銀製品の輸出産業が盛んだったのが40年代以降であり、最盛期は50年代から60年代です。
これを基に、ジュエリーは一般的に50年代から60年代に作られたものと言われております。

 

Vintage_Mexican_JewelryIMG_7181

 

Vintage Mexican Jewelry

気になる方は、こちらより

 

1 / 11